銀行融資における定量要因と定性要因

銀行融資における定量要因と定性要因

銀行は各法人や個人に対して、信用格付けを定めています。信用格付けとは銀行が定める会社(あなた)の通信簿です。

原則的に銀行が融資を出すかどうかは、この信用格付けに則って決められます。

この格付けによって、融資期間や適用利率なども決まってきます。

ですので法人や個人の信用格付けを上げることができれば、より有利な融資を引くことが出来きるようになるわけです。

そもそも信用格付けって、銀行はどうやって決めているのでしょうか?

定量要因と定性要因

銀行が信用格付けを行うには、定量要因と定性要因という2つの要因から決まります。

定量要因とは

これは簡単に言えば決算書の財務分析のことです。

例えば自己資本比率や流動比率、売上高借入金比率などの財務指数に基づいて定量化されていきます。

この定量要因に関しては、銀行の担当者の意思は全く介入できません。すべて数字ありきになります。

もちろん銀行によって定量要因の算出方法は異なりますが、基本的に会社の成績や財務状況をベースに考えられています。

定性要因とは

反対に定性要因とは、あなたのいる業界の環境や市場性、それから経営者の資質や力量など数字では表せない要因のことです。

定性要因は定量要因とは違い、銀行の担当者が判断する「人が介入して決める」要因になります。

銀行の取引先であるあなたに関して一番話をして理解しているのが担当者であるので、担当者と仲良くなることがいかに大切かがわかります。

正直、担当者も人間です。仲良くなれば定性要因にある程度影響が出てくることは否定できません。

あなたの考えるビジネスに対する思いだったり、行動、将来の夢などを担当者と熱く語り合うことによって、担当者から信頼を得ることができれば、担当者は融資を通すために必死に頑張ってくれます。

金融機関によって変わる定性要因の重要度合

融資を引きやすくするためには定量要因と定性要因の双方を上げていく必要がありますが、定量要因は全て数字ありきなので努力してどうにかなるものではありません。

そのかわり定性要因は努力によって上げることが出来ます。

ただし、金融機関によって定性要因の重要度が異なります。

例えばメガバンクといわれる都銀では定性要因は0だと言われています。言ってしまえば、全て数字でしか判断されません。

あなたがいくら熱く語ろうが、優れた経営者であろうが極端な話関係ありません。数字がすべての世界なのです。

反対に、態度が悪かろうが短パンTシャツで銀行を訪れようが、数字がよければ融資を引くことができます。

地銀になると、ある程度定性要因の重要性がでてきますが、だいたい全体の20~30%ほどの判断材料になると思われます。

つまり融資を出すかどうかの70~80%は定量要因によって決まります。

それが信金や信組になると定性要因の重要度がグンと上がり、40~60%になる場合もあります。

要するに、しっかりした身なりで経営者としての資質が認められ、不動産業界や市場が上向きであれば他の銀行では出なかった融資が下りる可能性が高いです。

私の場合、会社を設立してやっと2年が経ちました。しかもそれまで海外にいたので、源泉徴収もないです。

そんな中、自分の思いや夢、ビジョンを担当者と共有し、それを詳細に資産表や企画書に落とし込みました。

そのような努力が報われたからのかわかりませんが、こんな最低属性の私でも半年で4棟のアパートを購入することが出来ました。

2018年に入ってからまだ物件購入できていませんが、新築アパートに向けて、再度融資をお願いしに行こうと考えています。