DIYでリノベーション

DIYでリノベーション

3棟目に買った物件の1室に入居が決まり、急遽リノベーションを行いました。

購入したときには12部屋のうち3部屋しか埋まっていませんでしたが、今回で10部屋目の入居になります。

あと2部屋埋めれば念願の満室になります。

今回の入居にあたって、まずは業者に見積もりを取ってみたのですが、部屋の家賃を考えると高い!

そこで今回は自分で全てリノベーションすることにしました。

まずはリフォームの相場をしっかりと知ることが大切

今回は6畳×2部屋の和室をクッションフロアに変更、クロス(壁紙)を新しいものに張り替え作業です。

畳からクッションフロア張り替え:216,000円
クロス張替え:129,600円(108㎡)
合計:345,600円

業者に頼んだ場合、だいたい相場の値段だと思います。

しかし家賃3万円台の賃貸物件をリフォームするのに上記の金額では、元を取るのに1年ほどかかってしまいます。

築古ボロ物件に投資をするのであれば、ある程度は自分で手直しできるようにするべきだと思います。

今回のリノベーションにかかったコスト

自分で近くのホームセンターに行き、必要材料を購入しました。

クロスとクッションフロアはネットで安いものを購入しました。

根太×40本:26,000円
コンパネ×12枚:23,760円
床用接着剤:3,240円
クッションフロア12m:10,236円
クロス108㎡:25,560円
合計:88,796円

業者に頼んだ場合に比べて4分の1の価格に抑えることができました。

もちろん、仕上がり具合は業者に頼んだ方がきれいだと思いますが、自分で言うのもなんですが素人にしてはかなりいい仕上がりになっていると思います。

DIYの手順

まずは畳を取り外します。畳を取ると写真のような状態になります。

根太を30㎝間隔に置いていきます。根太を置く時は水平をしっかりと取ります。水平をとるために薄い木材を使ったりするのがいいでしょう。水平が取れたらすべての根太をビスでしっかりと打ち付けていきます。

次にコンパネを敷きます。しっかりと水平が取れていないと、コンパネがまっすぐにならず凸凹になってしまうので要注意です。

ここまできたらクロスを張ります。今回は一部アクセントカラーのグリーンをいれてみました。その他のクロスは全てホワイトです。クロス貼りが終わったら、コンパネの隙間やちょっとした段差をパテで埋めていきます。

コンパネの上にクッションフロアを敷きます。ある程度の大きさにカットしたら、コンパネに床用接着剤を塗り、その上でクッションフロアを張ります。余った角はカッターなどでしっかりときります。

この後、右側にあるふすまも真っ白に変更しました。最終的に出来上がった写真を撮り忘れてしまいました(汗)すみません。

DIYから学べること

時間があれば私のようにDIYでリノベーションすることで、コストを削減することができます。

DIYに関しては、コスト削減のほかにも「業者と対等に話せる」経験が手に入ります。

業者に見積もりを依頼する際にリフォームやリノベーションの相場を知っている大家には、相手も相場からかけ離れている見積もりを出すことができません。

今では室内を見ただけで、およそリフォームにいくらかかるか瞬時にわかるようになりました。

これからも時間の許す限りDIYを続けていきたいと思っています。